西武 辻監督&ナインが新型特急車両001系「Laview」乗車会に参加

[ 2019年3月26日 12:57 ]

新型特急「Laview」と(左から)レオ、山川、秋山、辻監督、増田、多和田、ライナ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・辻監督とコーチ、ナインが、メットライフドームでの全体練習を前に西武鉄道の新型特急車両001系「Laview」の乗車会に参加した。

 「Laview」は西武鉄道の新たなフラッグシップトレインで、今月から運行を開始している。今季も池袋と西武球場前駅を結ぶ臨時特急「スタジアムエクスプレス」は全試合で運行予定だが、本拠地開幕シリーズとなる4月2~4日のロッテ戦の際には「Laview」で運行。新型車両がファンをメットライフドームまで送り届ける予定になっている。 

 この日、選手らは西武球場前と西所沢を約20分かけて往復。車内放送では、球場の場内アナウンスを担当している鈴木あずささんが「もうすぐ西所沢に到着しますが、チームはパ・リーグ連覇、日本一まで止まらずに走り続けましょう」とアナウンスした。

 乗車会を終えた辻監督は「乗り心地が良かった。特急のレッドアローにはよく乗るけど、窓が大きくてびっくりした」と笑顔で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース