ヤクルト・ブキャナン“開幕”回避 下半身のコンディション不良

[ 2019年3月26日 05:30 ]

ヤクルト・ブキャナン
Photo By スポニチ

 ホーム開幕戦となる4月2日のDeNA戦(神宮)で先発予定だったブキャナンが、下半身のコンディション不良により登板を回避する見通しとなった。

 この日の先発投手練習を欠席し、登板予定だった26日のイースタン・リーグの巨人戦も回避する。石井投手コーチは「そこまで悪くないみたいだが、無理はさせられない。早くしっかりとした状態で戻ってきてほしい」と話した。開幕ローテーションの再編は不可避な状況で、原が同戦に回り、高卒4年目の高橋が4月3日に先発することが有力だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース