大阪桐蔭の吹奏楽部が東邦の“友情応援” 応援曲25曲を1週間で「完コピ」!

[ 2019年3月26日 18:10 ]

第91回選抜高校野球大会1回戦   東邦 3―1富岡西 ( 2019年3月26日    甲子園 )

<東邦・富岡西> 大阪桐蔭のブラスバンドが友情応援に駆け付けた三塁側・東邦のアルプス (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭の吹奏楽部120人が、東邦の“友情応援”を行った。

 東邦高校マーチングバンド部は3月21日からアメリカ遠征のため野球部を応援できないことから、顧問の白谷峰人氏が知人を介し、野球部が選抜大会出場を逃した大阪桐蔭高校吹奏楽部の梅田隆司監督(67)に相談して実現した。

 全員が東邦の帽子に大阪桐蔭のウインドブレーカーを羽織り“合体”。合同練習をしたのはわずか1日だけにもかかわらず、動きの多い東邦独特の応援曲25曲を1週間で「完コピ」するという難題を見事にクリアし、この日を迎えた。

 野球部の西谷浩一監督(49)から梅田監督に「一生懸命やったってや」とエールもあった。東邦高校マーチングバンド部は4月に帰国予定で、梅田監督は「もし準決勝まで勝ち進めば、一緒にさせてもらおうという話もしている」と、夢のコラボレーションも示唆していた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース