津田学園・前、170球力投実らず プロ注目右腕延長11回力尽く

[ 2019年3月26日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会1回戦   津田学園0―2龍谷大平安 ( 2019年3月25日    甲子園 )

力投する津田学園・前(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 津田学園(三重)のプロ注目右腕・前は170球の力投も実らず、延長11回に力尽きた。死球を機に1死一、二塁とされ、奥村に左越えに運ばれて均衡を破られた。「援護を信じて毎回全力で投げた。最後まで粘り強く投げようと思ったが、つかまった」。

 9回まで2安打無失点。ただ6回から右手の3本の指がつり始め、終盤は球が浮いた。エースは「体力的に厳しく、体の開きが早くなった。精神的にも疲れが出た」と課題を挙げ、責任を背負った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース