大阪桐蔭ブラバンが東邦を友情応援!“美爆音”習志野とのブラバン対決望む声も

[ 2019年3月26日 16:28 ]

<東邦・富岡西>大阪桐蔭の友情応援を受けた東邦アルプスは大喜び(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会第4日は26日、甲子園球場で1回戦3試合が行われ、第3試合では21世紀枠で初出場を果たした富岡西(徳島)と、昨秋の東海大会覇者で2年連続30回目出場の東邦(愛知)が対戦。平成最初の第61回大会(1989年)で優勝した東邦が3―1で競り勝ち、広陵(広島)と対戦する2回戦進出を決めた。

 同校のマーチングバンド部は米国遠征中で、甲子園の三塁側アルプス席には大阪桐蔭の吹奏楽部が友情応援に駆けつけた。17日には合同練習も実施。この日同部の公式ツイッターでは試合前に「私達はフロリダにいますが、全力で応援します!大阪桐蔭さんも付いています!!FIGHT」とツイートしていた。

 試合中には昨年の甲子園春夏連覇を支えた吹奏楽部の演奏に、スタンドは盛り上がり、ツイッター上には“美爆音”と称される習志野(千葉)との“ブラバン対決”を望むファンの声もあった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース