【田淵幸一氏 パ順位予想】ソフトB、サファテ不安も昨季守護神・森の存在感大

[ 2019年3月26日 09:35 ]

田淵氏注目の日本ハムのドラフト1位・吉田輝
Photo By スポニチ

 29日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣が2日間にわたって両リーグのペナント争いの行方を占う。パ・リーグは昨季日本一のソフトバンクが断然の筆頭候補で、リーグ王者の西武が対抗との構図。この2強の牙城を崩すチームはあるのか――。

【田淵幸一氏 順位予想】1位・ソフトバンク、2位・日本ハム、3位・西武、4位・楽天、5位・ロッテ、6位・オリックス

 ソフトバンク、日本ハム、西武の上位3チームは昨季と同じ顔触れになるのでは、と思う。投打のバランスが取れているソフトバンクが1番手。昨季は故障者の影響などでシーズンでは出遅れたものの、CS、日本シリーズでは地力の差を見せつけた。復帰したサファテに不安は残るが、昨季37セーブの守護神・森の存在感は大。野手では松田宣に注目している。5月で36歳。昨季は打率・248だっただけに、もうひと踏ん張りが求められる。

 日本ハムは投手陣が光る。ドラフト1位・吉田輝は未完成ながら、早めに1軍で経験を積ませてほしいとも思う。ベンチ、ブルペンの雰囲気を学ぶのも成長への一助だ。

 浅村加入の楽天はAクラスの可能性もあると思っていたが、則本昂の不在が痛い。昨季新人王の田中が開幕に間に合ったのは朗報で巻き返しに期待する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース