パ優勝チーム、平成最多は西武の11度 2位がソフトB

[ 2019年3月26日 10:50 ]

西武・辻監督
Photo By スポニチ

 まもなく平成が終わり、新元号を迎える今季。平成30年間のパ・リーグ各球団の優勝回数を調べてみると(前身球団も含む)西武が11度で最多。2位がソフトバンクの8度で、3位は日本ハムの5度と、今季のV予想でも上位に挙がる3球団が名を連ねた。

 また、昭和の優勝回数も振り返ってみると、1リーグ時代から続くソフトバンクが12度で最多。これに次ぐのが西武の11度、オリックスの10度だった。今季優勝すれば、栄えある新元号のV1号となるが、昭和、平成をリードしてきた西武、ソフトバンクの争いとなるのか、あるいは他チームの逆転があるのか注目したい。なお、平成元年は近鉄が優勝を飾っている。(記録課・志賀 喜幸)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース