PR:

広島 敗れても球団初3連覇に王手!23日にも27年ぶり地元胴上げ

セ・リーグ   広島4―13阪神 ( 2018年9月22日    マツダ )

<広・神>8回、選手交代を告げるため、ベンチを出る緒方監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 広島が球団初となる3年連続のセ・リーグ優勝に王手をかけた。

 阪神に4―13で大敗を喫したが、2位・ヤクルトが巨人・菅野に完封負けを喫したため、広島の優勝マジックは試合前から1つ減って「2」に。23日にも1991年以来27年ぶりとなる地元Vの運びとなった。

 広島はこの日、先発投手の岡田が3回途中で11安打を浴びて9失点KOの背信投球。打線も阪神先発・藤浪から6回までに4点を奪って追い上げたが、及ばなかった。

 27年ぶり地元胴上げのかかった23日のDeNA戦は今季これまでリーグトップの15勝を挙げているエース大瀬良が先発。マジック対象チームのヤクルトは敵地で中日と対戦する。中日―ヤクルト戦(ナゴヤD)は午後2時開始予定、広島―DeNA戦(マツダ)は同6時開始予定となっている。

[ 2018年9月22日 17:36 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月16日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム