DeNA 初回筒香3ランからの逃げ切り勝ちで4連勝 後藤の引退試合を勝利で飾る

[ 2018年9月22日 16:43 ]

セ・リーグ   DeNA4―2中日 ( 2018年9月22日    横浜 )

1回1死一、二塁、左越え3ランを放つ筒香(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAが筒香の37号3ランなどで作ったリードを守り切り快勝。本拠地最終戦、さらに後藤の引退試合を勝利で飾った。チームは4連勝。

 初回、1死一、二塁で筒香が左翼へ本塁打王争い単独トップとなる37号3ランで先制。

 直後の2回に2点を返されるが、その裏に2死2塁のチャンスを作ると大和が適時二塁打を打ち、貴重な追加点を挙げ4―2とした。

 先発の平良は6回を投げ、2失点で今季5勝目。山崎が32セーブ目をマーク。

 中日は2回、高橋に11号2ランが出るも反撃はここまで。DeNAの投手陣に抑え込まれてしまった。チームはCS争いの中で痛い連敗となり、借金は12。最下位に転落した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月22日のニュース