DeNA京山 引退加賀の後受け最後まで6勝目「次は完投を」

[ 2018年9月22日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA9―1中日 ( 2018年9月21日    横浜 )

<D・中>8回2死二、三塁、京田をニゴロに打ち取りガッツポーズの京山(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 加賀の後を受け、初回1死から2番手で登板したDeNA・京山は自己最長の8回2/3を1失点で6勝目。いきなり京田に右越えソロを被弾も「いい意味で切り替えられた。加賀さんのおかげでいいリズムで投げられました」と7月28日の広島戦以来の白星を喜んだ。

 ラミレス監督も「リリーフ全員を休ませることができた」と評価。試合前練習から「引退記念Tシャツ」に袖を通した京山は「加賀さんのような凄い投手になりたい。次は完投を目指します」と意気込んでいた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年9月22日のニュース