デーモン閣下、ノーバン始球式 6度目で「一番、いい球」

[ 2018年9月22日 14:03 ]

<広・神23>始球式に登場したデーモン閣下(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 広島県がん検診啓発特使を務めるアーティストのデーモン閣下が22日の広島―阪神戦(マツダ)で始球式を務めた。

 マウンドから振りかぶっての投球は、見事なノーバウンドで捕手のミットに収まった。12年に特使に就任し、今回で6度目となる始球式を「一番、いい球だったかも知れない」と笑顔で振り返る。 マジック「3」で迎えた登板を「優勝が決まる日に投げるつもりだったのだが。お客さんもチケットを買った時点では、そのつもりだっただろうが、その分は我が輩の投球で我慢してくれ」と呼びかけた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月22日のニュース