日体大のドラフト1位候補・松本 5回2失点もサヨナラ負けし「納得いかない」

[ 2018年9月22日 20:12 ]

首都大学野球秋季リーグ戦   日体大2―3桜美林大 ( 2018年9月22日    浦安市民 )

<日体大―桜美林大>5回2失点だった日体大の松本航
Photo By スポニチ

 日体大のドラフト1位候補右腕・松本航投手(4年=明石商)がプロ志望届提出後リーグ戦初登板し、5回5安打2失点。プロのスカウトも見守る中、最速148キロを軸に5三振を奪った。

 しかしチームは延長12回タイブレークの末にサヨナラで敗れただけに「納得いかない。高く浮いた球を打たれた。配球で持って行こうとしすぎた」と反省しきりだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月22日のニュース