DeNA加賀 平田K斬りで花道「9年間の思いを一球一球に」

[ 2018年9月22日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA9―1中日 ( 2018年9月21日    横浜 )

<D・中>引退セレモニーで胴上げされる加賀(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 今季限りで引退するDeNA・加賀が引退登板に臨んだ。打者一人限定で、14年5月15日の中日戦以来1590日ぶりの先発。1番・平田を5球目の123キロスライダーで空振り三振に仕留めて花道を飾った。

 「(現役での)9年間の思いを一球一球に込めた。たくさんの人に支えられた野球人生だった」。試合後のセレモニーでは、祐季夫人と3人の子供から花束を手渡されて涙ぐむシーンも。最後はナインの手で7度、胴上げされた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年9月22日のニュース