慶大、明大に先勝 1年ぶり先発の高橋佑が8回1失点

[ 2018年9月22日 14:43 ]

東京六大学野球秋季リーグ 第3週週第1日   慶大2―1明大 ( 2018年9月22日    神宮 )

<慶大・明大>8回4安打1失点と好投した慶大の先発・高橋祐
Photo By スポニチ

 3連覇を目指す慶大が明大を2―1で下し先勝した。

 先発の高橋佑樹投手(3年=川越東)は約1年ぶりの先発マウンド。「久しぶりで、任された嬉しさと不安が半分ずつくらいだった」と登板し8回4安打1失点で勝利を挙げ、期待に応えた。

 打線は1―1の9回に先頭の嶋田翔内野手(2年=樹徳)が左翼席へ決勝の勝ち越しソロ。スライダーを強振した一打に「高く上がり過ぎたかなと思ったけど、なんとか入ってくれた。春シーズンで苦手だった変化球が絶対に来ると思った」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月22日のニュース