エ軍アルシア 史上初の珍記録 捕手と投手守り本塁打

[ 2018年9月22日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス3―21アスレチックス ( 2018年9月20日    オークランド )

<アスレチックス・エンゼルス>7回にマウンドに上ったアルシア(AP)
Photo By AP

 18失点していた6回まで捕手だったエンゼルスのアルシアが7回、7番手投手として登板。2回4安打3失点だった。9回には6号ソロを記録。1試合で投手と捕手を務めて本塁打を放ったのはメジャー史上初となり「投打ともに一生懸命プレーした」と振り返った。

 田沢は4回2死一、二塁で3番手で登板し、不運な当たりが適時打になるなど1/3回2安打1失点。5試合ぶりの失点に「(大量失点の)流れのままいってしまった」と反省した。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月22日のニュース