PR:

東大のスイッチヒッター笠原 右打席で大学1号2ラン 9回には左打席で中前打

東京六大学野球秋季リーグ戦第2週第1日1回戦   立大8―2東大 ( 2018年9月16日    神宮 )

<東大・立大>5回1死二塁、東大・笠原が左へ逆転2ランを放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 東大のスイッチヒッター笠原健吾(2年=湘南)が立大のエース左腕・田中誠也(3年=大阪桐蔭)から右打席で左翼席に大学1号2ランを放った。

 元々は右打ち1本だったが高校1年途中から左打ちの練習を始め両打ちに。5回の2ランは逆転弾となり、7回までリードする貴重な一発。9回には左打席で中前打を放ち存在感を見せた。

 「どちらかというと右の方がパワーはあります。春は得点力不足だったので鍛えてきました」とうれしい1号を振り返っていた。

[ 2018年9月16日 16:32 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月14日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム