新生・金足農 ヒヤヒヤ逆転勝利発進 吉田ら応援の前、9回に嶋崎が逆転タイムリー

[ 2018年9月16日 18:48 ]

秋季高校野球 秋田大会2回戦   金足農8―7桂桜 ( 2018年9月16日    こまちスタジアム )

6―7の9回2死満塁で逆転中前適時打を放つ4番・嶋崎
Photo By スポニチ

 金足農が逆転勝利で3回戦に進出した。3年生による9人野球で準優勝を果たした甲子園から27日。メンバーのほぼ全員が公式戦初出場の全く新しいチームが、初陣を制した。

 5―6で迎えた9回。2死と追い込まれながら、満塁の好機を作ると4番・嶋崎響己内野手(2年)が真ん中低めの直球を叩き、2点中前適時打で逆転に成功した。

 バックネット裏の関係者席では、吉田輝星投手(3年)含む7人の3年生が応援していた。嶋崎は期待に応え、「3年生が見守ってくれて嬉しかった。自分達の代は吉田さんのような絶対的なエースはいないし、打力も無い。それでも粘り強さは受け継いでいきたい」と話した。

 新体制になってからのチームは2戦練習試合を行ったのみで、内容も1敗1分と振るっていなかった。試合後、中泉一豊監督は「新チームのスタートとしては良かった。彼らもやればできると思えました」と言った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月16日のニュース