巨人・岡本95打点 プロ野球史上最年少での「3割30本100打点」に前進

[ 2018年9月16日 22:59 ]

セ・リーグ   巨人11―3中日 ( 2018年9月16日    東京D )

<巨・中>7回2死、満塁本塁打を打った阿部を出迎える岡本(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人の4番・岡本が1打点をマーク。今季95打点とし、プロ野球史上最年少での「3割30本100打点」に前進した。

 1点リードで迎えた7回2死満塁で打席に。フルカウントから冷静にボール球を選んで、押し出し四球で追加点を挙げた。直後に阿部に満塁弾が飛び出しただけに、貴重な「つなぎ」でもあった。

 この日は5打席でノーヒットだったが、打点を挙げれば気分は違うかと聞かれた主砲は「そうですね。(試合に)勝ったことが良かった」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月16日のニュース