明大今季初戦は引き分け 渡辺佳が3安打

[ 2018年9月16日 14:16 ]

東京六大学秋季リーグ戦   明大3―3法大 ( 2018年9月16日    神宮 )

<法大・明大>苦しみながらも引き分けに持ち込んだ法大ナインは笑顔。中央(17)は9回途中から救援し最後を締めた菅野(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 明大が終盤に追いつき、今季初戦を3―3で引き分けた。

 プロ志望届を提出した2番の渡辺佳明内野手(4年=横浜)が3安打。8回には一時勝ち越しにつなげる右前打を放った。「勝ちきれなかったのは反省。届けを出したので、覚悟を持ちながらやっていきたい」と引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月16日のニュース