巨人・重信 プロ2号含む初4安打3打点「また打ってしまった」

[ 2018年9月16日 21:55 ]

セ・リーグ   巨人11―3中日 ( 2018年9月16日    東京D )

<巨・中>初回1死、右越え本塁打の重信(右)はマギーとタッチ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 3年目の巨人・重信慎之介外野手(25)が、ソロ本塁打を含む自身プロ初となる4安打を放ち、3打点をマークした。

 初回に1点を先制されたその裏、1死から右翼席へ高々と運んだ。「ホームランをまた打ってしまいました。フェンスに当たるかと必死に走ったが、入ってしまった」。同点の2号ソロは東京ドームでは初本塁打。3、7回の単打に続き、8回には2点三塁打で、二塁打が出ればサイクル安打の活躍だった。「(4安打は)必死で打った。とにかくうれしい」。俊足好打の2番は、お立ち台で声を弾ませた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月16日のニュース