エ軍ソーシア監督 大谷の新人王太鼓判「二刀流は特別」

[ 2018年9月16日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス0―5マリナーズ ( 2018年9月14日    アナハイム )

<エンゼルス・マリナーズ>8回2死一、二塁、二ゴロに倒れる大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 4番で出場したエンゼルス・大谷は3試合ぶりに無安打に終わったが、試合前にソーシア監督が新人王候補として改めて挙げた。

 日本語で「イチバン」と言い「才能ある若手は多いが、二刀流でやってきたことは特別」と強調した。エ軍は、今季の本拠地での入場券の販売が300万枚に達したと発表。16年連続の達成はエ軍とヤンキースだけで、大谷人気も動員数に大きく寄与したとみられるが、この日はバットで期待に応えることはできなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月16日のニュース