ヤクルト山中 緑だらけ甲子園で好投 聖地と相性抜群通算16勝中5勝

[ 2018年9月16日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト6―4阪神 ( 2018年9月15日    甲子園 )

<神・ヤ>得意の甲子園で6回2/3、3失点の粘投を見せた山中(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの先発・山中が7回途中3失点で今季2勝目。「野手が守って、中継ぎが抑えてくれたおかげ」と感謝するが、通算16勝中、阪神戦は7勝、甲子園では5勝と抜群の相性を見せつけた。

 昨オフ、地元熊本で知り合いのトレーナーに「緑を見るとパワーが出やすいタイプ」と診断され、今季からグラブに緑を入れ、練習のシューズのヒモも緑。スタンドやベンチが緑の甲子園で「結果が出て良かった」と笑った。チームも1分けを挟んで4連勝とし、3位・巨人とは5ゲーム差。青柳とのサブマリン対決を制した右腕は「まだまだ執念を持ってやっていきたい」と力を込めた。

 ▼ヤクルト・近藤(8回の1イニングを1失点に抑え16年ルーキを抜く40ホールドポイントの球団新記録)周りの人に支えてもらって今がある。一人の数字じゃない。チームの足を引っ張らないようにしていきたい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月16日のニュース