DeNA 3連敗中の今永が3回途中6失点KO 2番手・田中健も連続押し出し後、藤浪に満塁弾と炎上

[ 2018年9月16日 15:32 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2018年9月16日    横浜 )

<D・神>DeNA先発の今永(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 DeNAの3年目左腕・今永昇太投手(25)が16日、横浜スタジアムで行われた阪神戦に先発登板。初回にいきなり2点を失うなど3回途中6失点で降板した。

 自身3連敗中の今永は初回、1番・糸原にいきなり左翼フェンス直撃の二塁打を許し、犠打で1死三塁としてから3番・大山に左前適時打されて先制を許すと、続く4番・糸井には四球を与えて一、二塁。ここで早くもベンチから篠原投手コーチがマウンドに向かった。5番・陽川は空振り三振に仕留めて2死までこぎつけたが、6番・ナバーロに右前適時打を許してこの回2点目を失った。

 その裏、主砲・筒香の35号2ランで即座に同点にしてもらった今永だったが、3回、大山に左翼スタンドへ7号ソロを叩き込まれて勝ち越しを許すと、糸井、陽川に連打されて1死一、三塁のピンチを招き、ここで篠原投手コーチが再びマウンドへ。続くナバーロに四球を与えて1死満塁とすると、ラミレス監督がたまらずベンチを飛び出し、同じ左腕の田中健へ交代となった。

 だが、その田中健は中谷、梅野に2者連続となる押し出し四球を与えて流れを変えられず。さらに相手先発投手の藤浪に満塁アーチ、大山に1イニング2本目のアーチを浴びるなど5失点と炎上した。今永の投球内容は2回1/3で59球を投げ、6安打6失点。4三振を奪い、与えた四球は2つだった。

 今永は「試合をつくることができず、また難しい場面でマウンドを降りることになり、チーム、そして中継ぎ陣に申し訳ないです」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月16日のニュース