東海大相模・遠藤成2ラン 父は金足農野球部OB、進撃に刺激

[ 2018年9月16日 05:30 ]

秋季高校野球神奈川大会3回戦   東海大相模8―0山北 ( 2018年9月15日    保土ケ谷 )

<山北・東海大相模>5回に2ランを放った東海大相模・遠藤成(右)
Photo By スポニチ

 雨のため開始が3時間以上遅れたが、東海大相模(神奈川)は1番・遠藤成(2年)の2ランなど8―0のコールド勝ちで4回戦に進出した。

 秋田出身の遠藤は、父・成人さんが金足農野球部OB。「悔しさもあった。センバツに出て(金足農を)上回りたい」と夏の甲子園が発奮材料だ。順調にいけば準々決勝で横浜と激突する。「束になってかからないと」と表情を引き締めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月16日のニュース