“守備の男”DeNA柴田 打のヒーローに 8回千金適時打

[ 2018年9月16日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3―1巨人 ( 2018年9月15日    横浜 )

<D・巨>8回2死三塁、柴田は左前適時打を放つ(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 4回の守備から途中出場したDeNA・柴田が、打のヒーローになった。1点リードの8回2死三塁で左前適時打。

 「みんながつないでくれたチャンスだったので、自分もつなぎたかった」。3回を終えて2―0。ラミレス監督は右翼でスタメン起用した細川を早々と交代させ、二塁を守っていたソトを右翼に回した。指揮官は「相手は菅野だったので、守備を重視した」と言うが、守備固めの男が貴重な追加点を叩き出した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月16日のニュース