9日の2軍戦結果

[ 2018年8月9日 22:45 ]

 プロ野球のファームは9日、イースタン・リーグの楽天―ヤクルト戦(森林どり泉)が台風の影響で中止。両リーグで計4試合が行われた。

 イースタン首位の巨人はナイターのDeNA戦(横須賀)で、打線が先発全員の18安打を放って13―2で大勝。和田が8回、清宮(日本ハム)、村上(ヤクルト)を抜いてリーグ単独トップとなる2試合連続の16号2ランを放った。松原、増田がともに3安打2打点。先発・田口は8回4安打11奪三振2失点(自責1)の好投で1勝目。DeNAは中川大が3号ソロ。先発・飯塚は3回8安打5失点で3敗目(2勝)を喫した。

 西武はロッテ戦(ロッテ浦和)に3―2で逆転勝ち。7回に山田が同点2ラン。9回2死満塁で愛斗が決勝の左前打を放った。先発・伊藤は3回1安打無失点。6番手・小川が1回無安打無失点で1勝目(1敗)。ロッテは6回に香月が7号ソロ。先発・シェッパーズは6回5安打無失点の好投だった。

 ウエスタン首位の阪神はオリックス戦(鳴尾浜)に6―2。1番・江越が初回、2試合連続の先頭打者本塁打となる15号ソロを放った。江越は3安打2打点。先発・飯田は3回3安打1失点で、2番手・竹安が2回無安打無失点で4勝目。オリックスは縞田が1号ソロ、杉本が2号ソロ。先発・本田は2回2/3を3安打3失点で2敗目を喫した。

 中日は広島戦(由宇)に6―4。遠藤が今季1号ソロ。杉山が2安打1打点だった。先発・大野雄は7回8安打2失点で4勝目(3敗)。広島先発・遠藤は4回3安打3失点(自責2)で1敗目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース