阪神・才木 また一発病 金本監督バッサリ「前回と同じミス」

[ 2018年8月9日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―3巨人 ( 2018年8月8日    東京D )

<巨・神>初回2死二、三塁、阿部の先制3ランを打たれ、ぼう然とする才木(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 粘った末の6回3失点よりも、試合を決めた「1球」を悔やんだ。阪神先発の才木は初回に阿部に3ランを浴びていきなり失点。これが結果的に決勝点となり5敗目(3勝)を喫した。

 「もったいないな、と。インコースに攻めきれなかった。前回の、高橋周平さんと同じようなやられ方」

 2死二、三塁でカウント2―2。覚悟を決め、阿部の懐を狙った147キロは真ん中高めに浮いた。完璧に捉えられた打球は無情にも、一瞬にして右翼席上段へ突き刺さった。しかも、先頭からテンポよく2死としてからの3連打で、余計に悔やまれる内容だった。

 同じミスを繰り返した。前回1日の中日戦。2回1死一、二塁のピンチで高橋に右中間へ3ランをかまされた。それも、内角を狙ったものが攻めきれずに真ん中付近に入った球だった。

 「まあ、前回と同じだわね。インコースを構えて、逆球の甘い球。これは明らかに同じミスだね。そう(こういう投球では勝てない)やね。流れというものがあるから。一塁が空いているんだし、何も無理して…」

 金本監督が指摘したことは当然、才木も痛感している。「自分のなかではそういう(歩かせても良い)意識はあった。内角の厳しいところを狙って(四球でも)という。甘く入ったのが僕のミスです」。初回3失点以上は3度目で、すべて敗戦に直結。直近3試合全てで被弾しているように、クリアすべき課題は明白だ。

 一方で、強力打線の巨人相手に2回以降の5イニングを無失点でしのいだ事実も残る。3回の2死満塁、4回の2死一、二塁など再三ピンチを背負いながら追加点を許さず接戦を保った。「変化球で打ち取れたり、良い所もあった。あとは初回にどれだけしっかり投げられるか、ということ」。反省と収穫を糧にして進むだけだ。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース