西武おかわり5試合連続弾!オリ由伸の150キロを右翼席へ

[ 2018年8月9日 21:05 ]

パ・リーグ   西武―オリックス ( 2018年8月9日    京セラD )

8回1死、5試合連続となる本塁打を放つ中村(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 西武の中村剛也内野手(34)が9日のオリックス戦(京セラD)で5試合連続となる17号2ランを放った。

 4―7の8回、1死一塁で打席に入った中村は、オリックスの4番手・山本の150キロ外角直球を逆らわずに右方向へ。打球は美しい弧を描き、そのまま右翼席に飛び込んだ。

 先頭の山川に続き、山本からこの回2本目の本塁打。4点差が一気に1点差まで縮まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース