ロッテ岡 金森流で復活を 上腕固定しスイング

[ 2018年8月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ―ソフトバンク(中止) ( 2018年8月8日    ZOZOマリン )

上半身にチューブを巻き付けてフリー打撃をする岡(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ロッテは台風の接近に伴う天候不良でソフトバンク戦が中止となった。室内練習場での全体練習では、日本ハムから移籍した岡が、ゴムバンドで上腕を固定した状態でバットをスイングする「金森流トレーニング」を導入。

 移籍後、5試合で1安打にとどまり、最近2試合はスタメンを外れている岡は「金森コーチにはずっと練習に付き合ってもらっている」と、金森打撃コーチの理論を吸収して復調を狙う。井口監督も「(岡は)ポテンシャルが高い」と期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース