鳴門・西野 7回まで2失点も…「制球力を付けて、もう一度」

[ 2018年8月9日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第4日・1回戦   鳴門5―8花咲徳栄 ( 2018年8月8日    甲子園 )

<鳴門・花咲徳栄>中村(左)からねぎらいの言葉をかけられ、涙する鳴門・西野(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 2年生左腕の鳴門(徳島)・西野は7回まで2失点にしのいだが、8回につかまった。1点差となって迎えた2死一、二塁。スライダーを井上に右翼線に運ばれた。

 1球前に同じボールでタイミングを狂わせていたが「1球目が合っていなかったけど、コースが甘くなってしまった」とうなだれた。昨夏の王者をあと一歩まで追い詰めたが、森脇稔監督は「9回を投げ切れるピッチャーにならないとエースとは言えない」と期待を込め奮起を促した。西野は「制球力を付けて、もう一度甲子園に戻ってきたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース