金足農・吉田父 25年経て息子が“雪辱”「夢かなえてくれた」

[ 2018年8月9日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第4日・1回戦   金足農5―1鹿児島実 ( 2018年8月8日    甲子園 )

<金足農・鹿児島実>14奪三振の完投勝利を挙げた金足農・吉田(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 金足農(秋田)・吉田の父・正樹さん(42)が試合を観戦し感動を話した。

 金足農野球部のOBで92、93年の秋田大会で投手としてメンバー入り。共に決勝戦を1点差で惜敗し甲子園の土を踏めなかったが、息子が25年の時を経て雪辱し、この日聖地で躍動した。「(私の)夢をかなえてくれた。本当にうれしい。本人はもっと高ぶっていると思っていたけど、リラックスしていたので安心して見ていられた」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース