阪神 糸井の特大弾で競り勝つ 巨人は5割復帰ならず

[ 2018年8月9日 21:32 ]

セ・リーグ   阪神3―2巨人 ( 2018年8月9日    東京D )

8回1死、糸井は右越えに勝ち越しソロを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が2位巨人に競り勝ち、2勝1敗でカード勝ち越しを決めた。

 1点を追う7回、ナバーロが同点弾を放ち、8回には1死から糸井の右翼への特大13号ソロで勝ち越し。リリーフ陣が1点差を守り切った。

 巨人は初回に2点を先制したが、3回から8回まで毎回走者を出しながら得点できず、同点の8回に沢村が決勝弾を浴びて5割復帰はならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース