島根代表、初戦6連敗――益田東、県勢6年ぶりの勝利ならず

[ 2018年8月9日 10:21 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会 1回戦   常葉大菊川8―7益田東 ( 2018年8月7日    甲子園 )

<常葉大菊川・益田東>初戦敗退に泣き崩れる益田東・和田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 益田東(島根)は逆転で常葉大菊川に敗れ、島根代表は夏の全国大会での初戦連敗が6に伸びた。最後に勝ったのは2012年の立正大淞南。

 近年の島根勢の初戦成績は次の通り。

年 代表校 勝敗スコア 相 手

12立正大淞南○5―4盛岡大付

13石見智翠館●1―4西脇工

14開  星 ●6―7大阪桐蔭

15石見智翠館●5―6興  南

16出  雲 ●1―6智弁学園

17開  星 ●0―9花咲徳栄

18益田東  ●7―8常葉大菊川

 なお都道府県別の夏の全国大会初戦連敗のワースト記録は秋田勢(1998〜2010年)、山形勢(1936〜1973年=不出場年あり)、青森勢(1970〜88年=不出場年あり)の13連敗。

 一方、静岡勢の初戦連敗は4で止まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース