鹿児島実 創部100周年の節目飾れず 吉田に脱帽

[ 2018年8月9日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第4日・1回戦   鹿児島実1―5金足農 ( 2018年8月8日    甲子園 )

<金足農・鹿児島実>金足農に敗れ、肩を落としてアルプス席の応援団の元へ向かう鹿児島実ナイン(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 鹿児島実は好投手・吉田に屈し1点を奪うのがやっとだった。創部100年の節目を飾れず「走者、カウントでギアが上がる。さすが大会No.1。まだまだ大きな投手になっていくと思う」と宮下正一監督は脱帽。

 持ち味であるはずのバントの2度の失敗も響いた。1死二塁から得点する練習をこなしてきたが実らず、8回に中前適時打を放った原口も「監督から“高めは捨てろ”と言われていたが、結果的に手を出してしまった」と表情をゆがめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース