土浦日大 好機に1本が出ず…小菅監督「木内さんに追いつけませんよ」

[ 2018年8月9日 19:18 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第5日1回戦   土浦日大2―6興南 ( 2018年8月9日    甲子園 )

<興南・土浦日大>甲子園を去る土浦日大ナイン(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 2年連続出場の土浦日大が好機に1本が出ず興南に敗れた。

 左腕・藤木の変化球にかわされ連打が奪えない。6回、敵失をきっかけに1点を返したが7回の2死満塁、8回の無死満塁は救援・宮城に抑えられ反撃できなかった。

 「低めの変化球を見極められなかった。あと好機に打てなかったのが敗因。甲子園で普段のプレーをする難しさかな。(先発の)富田は援護のない中、ベストのピッチングをしてくれた」木内監督の元、取手二で日本一を経験した小菅勲監督は初戦の難しさをあらためて口にした。「木内さんに追いつけませんよ。ずっと追いかけるだけです」と話した。新チームではメンタル、技術を鍛え甲子園で勝てるチーム作りを目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース