阪神 連勝3でストップ 福留いないと…やっぱり勝てん

[ 2018年8月9日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―3巨人 ( 2018年8月8日    東京D )

<巨・神>9回1死一塁、代打・福留は中越えに適時三塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 この男なしでは戦えないのか……。9回1死一塁、零敗を阻止する意地の一打を放ったのは阪神・福留だった。代打で登場すると1ボール1ストライクから巨人・アダメスの外寄り151キロ直球を捉え中堅フェンスを直撃する適時三塁打。敗戦後は主将として、言葉に思いも込めた。

 「諦める、諦めないというより勝つためにやっている。ゲームをやっている以上、いつも集中して入っている。与えられたところで、できることをやる。明日どうこうじゃなく、すべて大事だから」

 「線」にならない。福留が先発から外れた打線は巨人先発・吉川光に6回まで散発3安打で、つながりを欠いた。金本監督も拙攻に首をかしげた。

 「そう(敗因は6回1死満塁での無得点)やな。今日もチャンスで、あと一本というところ。1点でも入っていれば、まったく展開も違ったやろうけどね。犠牲フライかゲッツー崩れで1点というケースが(2、6回と)2度あったかな」

 2回1死一、三塁で相手内野陣は中間守備。犠飛か内野ゴロでもコースや打球の強弱次第で1点を奪える局面だったが、中谷が空振り三振に倒れ、結果的に無得点。6回1死満塁でも同じ轍を踏んだ。相手内野守備隊形も2回と同様で大山が三振と同じく「タブー」の内野フライ(結果は二飛)に倒れ中谷も中飛。ケース打撃でも1点という場面で若虎が揃って精彩を欠いた。

 敗因は助っ人にもある。リクエスト成功から7回2死一、三塁まで攻め立てたが、福留の代役として1日以来の先発となったナバーロが左飛。4打数無安打に終わり「感じは悪くなかったけど、自分の仕事ができなかった」と下を向いた。指揮官も「そこをモノにできなかったのも今日の敗因と思う」と振り返った。

 広い甲子園とは違い、打力が勝敗を分ける可能性が高いビジターで、福留が休養した7試合は計16得点と攻撃力不足を露呈し2勝5敗。皮肉にも、その存在感を際立たせる結果になっている。9日の相手先発は右腕・山口俊。福留の先発復帰は確実で、指揮官は「ここでは分が悪いから何とか勝ち越したい」と前を向いた。(惟任 貴信)

 ≪ビジターに限れば2勝5敗の借金3≫福留(神)が積極的休養のため先発を外れた今季11試合で、チームは5勝6敗。ビジターに限れば2勝5敗の借金3となった。チーム打率も・179で甲子園(3勝1敗)での・273に比べると数字を落としている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース