ハム西川 初回先頭打者弾 9号は昨季に並ぶ自己最多

[ 2018年8月9日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2―1楽天 ( 2018年8月8日    札幌D )

<日・楽>初回、先頭打者本塁打を放つ西川(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・西川が15年5月2日のロッテ戦以来となる初回先頭打者本塁打を放った。古川にカウント1―2と追い込まれたが、内角高めの直球に対してうまく腕を畳んで右翼席へ運んだ。

 今季9号は昨季に並ぶ自己最多。「(前回の先頭打者弾はトレードでロッテから新加入した)藤岡さんから打ったのを鮮明に覚えている」と笑顔を見せた。なかなか状態が上がらず、打席ごとにフォームを変えるなど試行錯誤。7月は打率・316と復調した。8月はここまで・105と再び急降下していたが、再浮上への一発となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース