広島 延長11回サヨナラ勝ちで今季最多の貯金21 菊池が決めた!

[ 2018年8月9日 22:18 ]

セ・リーグ   広島3―2中日 ( 2018年8月9日    マツダ )

11回1死一、二塁、右前にサヨナラ打を放った菊池はバンザイ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島が延長戦の末、中日に3―2で今季5度目のサヨナラ勝ちを収めて5連勝。貯金を今季最多の21とした。中日は5連敗。

 広島は2点を先制された直後の2回、2死二塁から田中の左前適時打で1点を返し、4回には野間、会沢、西川の3連打で同点。2―2で延長戦に突入した。そして迎えた延長11回。1死から代打・新井がしぶとく右前へ運ぶと、代走・上本が二塁盗塁を決め、田中は四球で歩いて1死一、二塁。ここで打席に入った菊池が右前にサヨナラ打を放った。

 中日は2回に福田の右翼への二塁打と松井雅の中犠飛で2点を先取したが、最後は6番手・ロドリゲスが力尽きた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月9日のニュース