DeNA大和 ヒヤリ緊急搬送 試合前、頭頸部に打球直撃「大丈夫です」

[ 2018年6月13日 05:30 ]

交流戦   DeNA0―3ロッテ ( 2018年6月12日    ZOZOマリン )

<ロ・D>試合中に病院から戻り、球場を後にする大和(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 DeNAの大和内野手(30)が12日のロッテ戦(ZOZOマリン)の試合前、守備練習中にフリー打撃の打球が頭頸(けい)部に直撃し、救急車で習志野市内の病院に搬送されるアクシデントがあった。

 「7番・遊撃」で先発出場する予定だったが欠場。診察後は球場に戻り「大丈夫です。当たった時に衝撃はあった」と自ら説明した。念のため13日に再検査を受け、出場選手登録を抹消するかどうか最終判断する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月13日のニュース