PR:

東北福祉大8強一番乗り 清水聖3安打4打点爆発!

第67回全日本大学野球選手権第2日・1回戦   東北福祉大8―3広島大 ( 2018年6月12日    東京ドーム )

<広島大・東北福祉大>3回無死満塁、東北福祉大・清水聖は右中間適時三塁打を放つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 憧れの先輩がプレーする場所で東北福祉大・清水聖が、最速148キロを誇るプロ注目の広島大・中田から3安打4打点をマークした。2回戦は、未成年部員の飲酒問題で東海大北海道が出場辞退となって不戦勝。ベスト8一番乗りが決まり「複雑といえば複雑ですが…自分の打撃ができた」と静かに喜んだ。

 智弁学園では巨人・岡本の1学年下。「憧れていると言うのも申し訳ないくらい(の存在)。仏みたいに良い人で優しくて、みんな大好きだった」と振り返る。そんな先輩が本拠とする東京ドーム。「最近、岡本さんも活躍しているし、モチベーションが上がった」と気合も入った。元西武の大塚光二監督は「打線はこの勢いで明日もいきたかった。投手陣は少し余裕が出る」と中1日となった戦いを前向きにとらえた。

[ 2018年6月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月24日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム