PR:

苫小牧駒大8強ならず…伊藤 連投も5回につかまりコールド負け

第67回全日本大学野球選手権大会第3日2回戦   慶大11―0苫小牧駒大 ( 2018年6月13日    神宮 )

<全日本大学野球選手 苫小牧駒大・慶大>3回1死一、二塁、慶大・郡司を遊ゴロに打ち取るも二走・河合の生還を許してしまい、立ち尽くす苫小牧駒大・伊藤(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 連投となった苫小牧駒大の伊藤大海(ひろみ、2年=駒大苫小牧)が5回につかまってコールド負け。ベスト8進出はならなかった。

 大滝敏之監督は「伊藤はリーグ戦のときも連投でいい投球をしてくれていたからね。慶応ということで力みもあったかな。それと4回の牽制死が痛かった。あそこで同点のチャンス、1点でも取っていたら流れがね」と1死二塁で投手の牽制に刺された4回の場面を振り返った。その直後の5回に大量10失点を喫したことも合わせ反省の弁。それでも全国1勝を挙げ「選手は頑張ってくれました。いい経験になりました」と最後は笑顔で球場を後にした。

[ 2018年6月13日 16:41 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月18日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム