中日・山井 今季16イニング目で…ついに失点「考え過ぎて」

[ 2018年6月13日 05:30 ]

交流戦   中日1―5楽天 ( 2018年6月12日    楽天生命パーク )

<楽・中>初回2死満塁、山井(左)は押し出しの四球を与える(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 今季2試合に登板して15回無失点だった中日・山井だが、初回に4四球を与え、いきなり3点を奪われた。

 6回途中、4失点で降板して初黒星を喫したベテランは「初回、考え過ぎて丁寧にいき過ぎた。もっと大胆にいけばよかった」と後悔していた。一方の打線もモヤを5番に置き、外国人だけでクリーンアップを組んだが、いずれも無安打。森監督は「外国人が打たないとうちは勝てない」と自嘲気味に話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月13日のニュース