楽天 1軍昇格組で連敗止めた 梨田監督「島内、福山が帰ってきた」

[ 2018年6月13日 05:30 ]

交流戦   楽天5―1中日 ( 2018年6月12日    楽天生命パーク )

<楽・中>6回、適時三塁打の島内はベンチのナインに迎えられる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天は「昇格組」が結果を出し、連敗を3で止めた。島内、福山、山崎ら5人を登録。右内腹斜筋損傷から復帰した島内は初回2死満塁で山井の低めのスライダーを中前に運ぶ2点適時打を放った。

 「力を抜いてインパクトだけ(力を入れて)パチンという感じ。復帰した日に打てて良かった」。6回にも1死二塁から右中間に適時三塁打を放ち計3打点。8日からの広島3連戦で得点がスクイズの1点のみだった打線で、昨季全試合に出場した不動のレギュラーが存在感を発揮した。

 国学院大からドラフト3位で入団した山崎は、6回に代走でプロ初出場。暴投で進塁し、島内の適時打で初得点を記録した。8回の初打席では遊直に倒れたが、新人離れした打球の強さで「1球しか振ってないけど楽しかった」と振り返った。

 不調で2軍調整が続いていた福山も8回に登板し1イニングを抑えた。梨田監督は「島内、福山が帰ってきて勝てたのは大きいね」と笑顔。観戦に訪れた三木谷浩史オーナーも「いい采配だったんじゃないですか」と話した。(黒野 有仁)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月13日のニュース