清宮 3タコ 楽天・塩見に“完敗”「全然駄目」

[ 2018年6月13日 05:30 ]

イースタン・リーグ   日本ハム0―2楽天 ( 2018年6月12日    森林どり泉 )

<楽・日>初回2死、清宮は空振り三振に倒れる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮はイースタン・リーグの楽天戦に「3番・左翼」で出場し、3打数無安打だった。

 1軍通算37勝の塩見に翻弄(ほんろう)され、1打席目は内角のボール球に空振り三振。さらに投ゴロ、低めの直球に空振り三振と凡退を重ねた。「全然駄目。距離感が分からなかった」と肩を落とし、荒木2軍監督も「1軍ローテ入りしていた左投手は簡単に打てない。経験の差」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月13日のニュース