中日・小笠原 4月6日以来の2勝目!楽天のルーキー近藤は初勝利ならず

[ 2018年6月13日 21:15 ]

交流戦   中日6-3楽天 ( 2018年6月13日    楽天生命パーク )

<楽・中>中日先発の小笠原(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 中日の小笠原が6回1/3、91球を投げ5安打2失点で4月6日の阪神戦以来となる今季2勝目をマーク。自身の連敗を4で止め、チームの連敗も2で止めた。

 打線も4回にビシエドも右前打を足場に平田のタイムリー二塁打、高橋 の中前タイムリーと3連打であっさり逆転。5回に追いつかれたが、6回にはアルモンテの10号ソロで勝ち越し、さらに2死満塁から大野奨のタイムリーで加点。7回、8回にも点を加えた。平田は5月6日以来、今季2度目の4安打を放った。

 楽天はドラフト1位ルーキー・近藤がプロ2試合目の登板となったが、5回1/3、92球を投げ6安打4失点で2敗目。打線もディクソンに1号ソロ、アマダーに6号ソロが出たが、失点が多すぎた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月13日のニュース