ロッテ金森コーチ 高校野球監督になって「言われたことの意味分かった」

[ 2018年6月13日 07:00 ]

高校野球の今、そして次の100回へ(2)

金沢学院東で監督を務めたロッテ・金森打撃コーチ
Photo By スポニチ

 ロッテ・金森栄治打撃コーチは初年度の学生野球資格回復研修で認定を受け、14年春から3年間、地元・石川県の金沢学院東で監督を務めた。

 保健体育の授業も受け持つなど、プロ野球界とは環境が一変したが「自分が教えることは変わりませんでした」と振り返る。ただ、高校生と触れ合ったことで「自分が親や指導者から言われたことの意味が、よく分かった」。指導を受ける気持ちにも、より理解が深まった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月13日のニュース