PR:

国際武道大・平川11K完封 ドラフト候補対決にも“完勝”

第67回全日本大学野球選手権第2日・2回戦   国際武道大2―0立命大 ( 2018年6月12日    東京ドーム )

<国際武道大・立命大>2安打完封勝利を飾った国際武道大・平川(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 プロ注目の4年生右腕、国際武道大・平川が2安打完封で8強入りを決めた。

 「アウトを取るのに一番確実」とスプリットを軸に毎回の11奪三振。9回に入る前には立命大のドラフト候補・辰己との勝負を意識して続投を志願し、4打数無安打に抑えた。昨年準優勝の悔しさを知るだけに「勝つためには勢いが必要。これで勢いづけられたかな」と初優勝を見据えた。

[ 2018年6月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月20日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム