山田哲は代走で出場 連続試合出場は225で止まるも「そこは全然、こだわっていない」

[ 2018年6月13日 23:10 ]

交流戦   ヤクルト4-7西武 ( 2018年6月13日    メットライフD )

<西・ヤ>8回、二盗に成功する山田哲。左は源田(撮影・ 久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲が左肘の負傷で先発を外れ、8回に代走で出場した。12日の西武戦で、二塁の守備中に走者と交錯した際に痛めた。この日は痛みでバットを振ることができなかった。

 先発を外れるのは左第8肋骨骨挫傷で出場選手登録を外れていた2016年8月23日以来。この日は打席に立たず、守備にも就かなかったため、同24日から続いていた連続試合出場は225で止まったが「そこは全然、こだわっていない」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月13日のニュース