広島 ドラ1中村奨 公式戦1号&4安打 24日の2軍戦結果

[ 2018年3月24日 19:47 ]

 プロ野球のファームは24日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 広島はオリックス戦(舞洲BS)に1―4で黒星。5回の得点は、ドラフト1位・中村奨が1死から左翼に放った公式戦1号ソロで生まれたものだった。中村奨は1打席目から左中間二塁打、左越え本塁打、左前打、左翼線二塁打と、三塁打が出ればサイクルという4安打の活躍だった。オリックスは先発・松葉が5回3安打1失点。2番手・山田が3回3安打無失点で白星を挙げた。

 阪神―中日戦(鳴尾浜)は延長10、規定により2―2で引き分け。阪神先発・岩貞は6回5安打2失点(自責1)、中日先発・山井は6回3安打2失点だった。

 DeNAは日本ハム戦(鎌ケ谷)の延長11回、1死から2年目の4番・細川が中堅に決勝の1号ソロを放ち、2―1で勝った。山下が1号ソロなど3安打1打点。先発・京山は6回3安打1失点(自責0)で7奪三振の好投だった。日本ハム先発・玉井は5回3安打無失点。ドラフト6位ルーキー・鈴木は4回4安打1失点だった。

 ロッテはヤクルト戦(戸田)に4―3で逆転勝ち。9回に育成で入団1年目の和田が、プロ1号となる決勝ソロを放った。ドミンゲスが6回に来日1号2ラン。5番手・高野が1回無安打無失点で白星。ヤクルトは先発・岩橋が5回1/3を5安打7四球で2失点。

 西武―楽天戦(西武第2)は西武が5―4。先発・高木勇が7回8安打4失点(自責1)で白星。6回に斉藤彰が決勝のスクイズを決めた。楽天先発・辛島は4回1/3を8安打4失点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース