日大三が春夏通算50勝!完封リレーで初戦突破 主将・日置が大会第1号

[ 2018年3月24日 10:50 ]

第90回選抜高校野球大会第2日・1回戦   日大三5―0由利工 ( 2018年3月24日    甲子園 )

<日大三・由利工>4回裏無死、日大三・日置は左越えに先制ソロ本塁打を放つ
Photo By スポニチ

 第90回選抜高校野球大会第2日は24日、甲子園球場で1回戦が行われ、第1試合は20回目の出場となる日大三(東京)が5―0で由利工(秋田)に勝利。春夏通算で節目の50勝目を挙げた。

 日大三は中村、由利工は佐藤亜が先発。序盤は両チームともに走者を出すも得点に結びつかず。4回に日大三の3番・日置が左翼席へ今大会第1号となるソロを放ち均衡を破ると、さらに連打で1死一、三塁のチャンスを作り、7番・柳沢がきっちり中犠飛を打ち上げ、日大三がこの回2点を先取した。

 さらに、6回1死三塁から6番・飯村が左前適時打。7回にも日置が中前適時打を放って、効果的に加点。8回にも1死二塁から9番・齊藤の中前適時打でダメを押した。投げては先発の中村、4回から登板した2年生・井上が完封リレーで反撃を許さなかった。日大三はこれが春夏通算50勝目で、指揮する小倉全由監督は歴代11位タイの33勝目。

 21世紀枠で初出場の由利工は、エース・佐藤亜が8回まで12安打を浴びながら粘りの投球を見せたが、打線が序盤のチャンスを生かせず無得点。5回以降は得点圏に走者を進めることができなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月24日のニュース